車両と会話…コンチネンタルがアマゾン アレクサ を利用したサービスをCES 2018で公開予定

  • コンチネンタルは2018年1月、米国ラスベガスで開催されるCES 2018において、アマゾン(Amazon)の「アレクサ」(Alexa)と連携させたコネクテッドサービスを初公開すると発表した。
自動車 テクノロジー ネット
コンチネンタルのアマゾン(Amazon)の「アレクサ」(Alexa)と連携させたコネクテッドサービスのイメージ
  • コンチネンタルのアマゾン(Amazon)の「アレクサ」(Alexa)と連携させたコネクテッドサービスのイメージ
コンチネンタルは2018年1月、米国ラスベガスで開催されるCES 2018において、アマゾン(Amazon)の「アレクサ」(Alexa)と連携させたコネクテッドサービスを初公開すると発表した。

アレクサは、アマゾンが開発したAI(人工知能)アシスタント。スマートスピーカーのアマゾン「Echo(エコー)」などに搭載されており、人工知能がユーザーの音声を認識して、さまざまな操作を行う。

コンチネンタルは、ドライバーと車両との自然な会話を可能にするために、アマゾンのアレクサを複数の車両機能にリンクさせる。例えば、警告やエラーメッセージの意味をドライバーに直ちに説明する対話型ユーザーマニュアルの実現をサポート。警告内容やドライバーの様態に基づいて、車両がどのように進行するかをスマートに提案する。

コンチネンタルは、デジタル世界におけるユーザーエクスペリエンスを車内でも実現させるため、人工知能を使って車両全体をデジタルデバイスに変身させることを目指す。ディープラーニング(深層学習)のアルゴリズムに基づき、車両はユーザーの行動を記憶・解釈。ナビゲーションやインフォテインメントの内容を順応させ、さらにドライバーの希望を予期することができる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集