原発事故の避難者に高速道路が無料になるカード…無料措置も2年延長

自動車 社会 行政

原発事故の避難者に対する高速道路無料措置にカードを発行へ
  • 原発事故の避難者に対する高速道路無料措置にカードを発行へ
  • 対象インターチェンジ
国土交通省は、福島原発事故による警戒区域からの避難者に対する高速道路無料措置を延長するとともに、利便性向上を図るため、カードを発行すると発表した。

原発事故による警戒区域からの避難者に対する高速道路の無料措置は2012年4月1日から、政府として避難を指示または勧奨している区域に住む避難者の一時帰宅など、生活再建に向けた移動を支援する目的で実施している。

これまで福島県、関係市町村と協議してきた結果、避難者の出口料金所の通行を迅速化するため、新たに顔写真付きのカードを発行する。現在、無料措置の対象者に対して各市町村が12月22日から順次、カードの申し込みを受け付けて東日本高速道路がカードを発行する。

また、カード切替え後の継続した周知や避難者の申し込みにかかる負担を踏まえ、カードの有効期限を2020年3月末までとして無料措置期間を2年間延長する。

2018年7月1日からはカードによる通行へ完全移行する。2018年6月末までは、被災証明書の提示による通行が可能となる。

国土交通省ではカードによって確認時間が短縮され渋滞解消に寄与するとともに、携帯性など、利便性向上が図られるとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集