相鉄「20000系」デビューは2018年2月11日に…当初より2カ月遅れ

鉄道 企業動向
相鉄の20000系。営業運転開始は12月を目指していたが、2018年2月11日に変更された。
  • 相鉄の20000系。営業運転開始は12月を目指していたが、2018年2月11日に変更された。
  • 相鉄の20000系。営業運転開始は12月を目指していたが、2018年2月11日に変更された。
相模鉄道(相鉄)は12月21日、新型車両の20000系電車について、営業運転の開始を2018年2月11日に変更すると発表した。当初の計画より2カ月遅れる。

20000系は、神奈川東部方面線の相鉄・東急直通線(2022年度下期開業予定)での運用に対応した新型電車。東急線への直通に対応するため、相鉄線で現在運用されている他の車両より幅を狭くしている。本年度は10両編成1本の導入が計画され、8月に完成。12月の運転開始を目指していた。

相鉄によると、地上設備の調整などに時間がかかっているという。同社は「営業運転開始を心待ちにされていた方々には誠に申し訳ございません。新型車両の運行に万全を期すために必要な調整でありますので、ご理解くださいますようお願い申し上げます」としている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集