スバル シフォン/シフォンカスタム、改良モデル発売…パノラミックビューモニターを新採用

SUBARU(スバル)は、軽乗用車『シフォン』『シフォンカスタム』を改良し、12月18日より販売を開始した。

自動車 ニューモデル 新型車
スバル・シフォンカスタム
  • スバル・シフォンカスタム
  • スバル・シフォン
  • スバル・シフォン
  • パノラミックビューモニター(表示イメージ)
  • パノラミックビューモニター(動作イメージ)
SUBARU(スバル)は、軽乗用車『シフォン』『シフォンカスタム』を改良し、12月18日より販売を開始した。

今回の改良では、パノラミックビューモニターを新たに採用し、安全性を向上させた。パノラミックビューモニターは、前後左右に搭載したカメラから取り込んだ映像を合成し、クルマを真上から見たような映像をナビゲーション画面に表示。車両周囲の状況を把握でき、狭い路地から広い道への合流などの見通しの悪い交差点、車庫入れや縦列駐車、狭い道でのすれ違いなどを安心して行うことができる。

また、「Gスマートアシスト」「Rリミテッド スマートアシスト」をベースに、パノラミックビューモニターや右側パワースライドドアなどを特別装備した新グレード「Gスペシャル スマートアシスト」「Rスペシャル スマートアシスト」を設定した。

価格はシフォンが128万5200円から160万9200円。シフォンカスタムが161万7840円から187万3800円。なおシフォンおよびシフォンカスタムはダイハツ『タント』『タントカスタム』のOEM供給車。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集