豊田自動織機と豊田通商、タイに産業車両地域販売統括会社を合弁で設立

豊田自動織機と豊田通商は、メコン地域での販売強化を目的とした産業車両地域販売統括会社「トヨタ マテリアル ハンドリング(TMHTH)」をタイ・バンコクに設立し、2018年1月から営業開始すると発表した。

自動車 ビジネス 海外マーケット
トヨタ マテリアル ハンドリング(ウェブサイト)
  • トヨタ マテリアル ハンドリング(ウェブサイト)
豊田自動織機豊田通商は、メコン地域での販売強化を目的とした産業車両地域販売統括会社「トヨタ マテリアル ハンドリング(TMHTH)」をタイ・バンコクに設立し、2018年1月から営業開始すると発表した。

タイを中心にしたメコン地域は、自動車産業をはじめとした製造業を基盤に発展してきた。近年は著しい経済成長を背景に、食品・小売物流の発展が目覚しく、アジア経済共同体内での関税撤廃など、今後さらなる物流の拡大が見込まれている。

現在タイでは、豊田自動織機グループの産業車両ブランド「トヨタ」「BT」「レイモンド」が2チャネルの販売店を通じて販売されているが、TMHTHは両販売店の連携を強化することに加え、物流の自動化をサポートする物流ソリューションの販売と保守サービスを開始。倉庫・工場内物流における仕分・搬送・保管の課題を解決するソリューションを直接提案し、多様化・進化する物流ニーズにいち早く対応する。

新会社の資本金は2億バーツ(約6億6000万円)、株主比率は豊田自動織機60%、豊田通商が40%。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集