ボッシュ、トラック向け新コネクトをCES 2018で公開予定…ダイムラーと共同開発

自動車 テクノロジー ネット
ボッシュのコモン テレマティクス プラットフォームのイメージ
  • ボッシュのコモン テレマティクス プラットフォームのイメージ
ボッシュは12月14日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES2018において、「コモン テレマティクス プラットフォーム」を初公開すると発表した。

このプラットフォームは、ダイムラーと共同開発。トラックのドライバーと流通のプロフェッショナルをネットワークで結び、利便性を向上させるコネクテッドサービス。厳しいスケジュールや長い走行距離、渋滞など、トラックドライバーは多くの課題に直面。ボッシュはコモン テレマティクス プラットフォームで、ドライバーとトラック運送会社を支援していく。

コモン テレマティクス プラットフォームを利用すると、トラック運送会社は運送計画を立てやすくなり、保有車両をより効率的に運用し、より安全に荷物を目的地に届けることが可能に。トラックの状態をリアルタイムでチェックし、その情報を送信する。

この情報をもとに、管理者は実際に故障が生じる前に兆候を把握し、予期しない修理を回避して、修理工場に送り出すスケジュールを最適化。これにより輸送の信頼性を向上させ、トラックのダウンタイムによるコスト削減を図ることも可能になる。

将来的に、ボッシュのコモン テレマティクス プラットフォームは無線通信でソフトウェアをアップデートできるようになる予定。この無線アップデートが可能になれば、車両システムを常に最新の状態に保ち、修理工場に送り出す回数が最小限に抑えられ、ドライバーや車両管理者の時間の節約につながる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集