二面性にドキドキ、XC60 PHVのもつ「静と動」…藤島知子【カーオブザイヤー2017-18】

自動車 ビジネス 国内マーケット

ボルボ『XC60』(COTY2017試乗会)
  • ボルボ『XC60』(COTY2017試乗会)
  • 「第38回2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したボルボXC60
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」ボルボ『XC60』
今年の一台を決める第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストの藤島知子氏はボルボ『XC60』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

☆☆☆

現実に起こる事故被害を見据えて、いつの時代も安全への取り組みに弛まぬ努力を続けてきたボルボ。XC60はフラッグシップの90シリーズから受け継いだ予防安全機能に加えて、ドライブの負担を減らす運転支援機能を全車に標準装備してきたことに志の高さが伺える。

見る人の心を捉えるのは、北欧の風を感じさせるスカンジナビアン・デザイン。計算されたフォルムで描かれたエクステリアの佇まいも美しいが、レザーや木目を効果的にあしらったインテリアのしつらえ、ホームタウンであるイェーテボリのコンサートホールの音響を再現するオーディオシステムも心を躍らせる装備の一つ。ストレスの少ないドライブ環境は大切な人と過ごす時間を充実したものに変えてくれるだろう。

プラグイン・ハイブリッド仕様の「T8」は、単に低燃費で高い次元の快適性をもたらすだけでなく、「静」と「動」の二面性にドキドキさせられてしまった。

☆☆☆

全投票点数
ボルボ『XC60』:10点
レクサス『LC』:5点
BMW『5シリーズ セダン/ツーリング』:4点
ホンダ『N-BOX/N-BOX カスタム』:3点
マツダ『CX-5』:3点

藤島知子|モータージャーナリスト/AJAJ会員
幼い頃からのクルマ好きが高じて、2002年からワンメイクレースに挑戦。市販車からフォーミュラカーに至るまで、ジャンルを問わず、さまざまなレースに参加している。2007年にはマツダロードスターレースで女性初のクラス優勝を獲得した経験をもつ。現在はクルマの楽しさを多くの人に伝えようと、自動車専門誌、一般誌、TV、ウェブ媒体を通じて活動中。走り好きの目線と女性の目線の両方向から、カーライフ全般をサポートしている。COTYの選考基準は、クルマと共に過ごす日常において、気持ちを豊かにしてくれるクルマかどうかに焦点を当てる。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

特集