ダイハツ、スマアシ搭載車両の累計販売台数150万台突破…初搭載から5年

自動車 テクノロジー 安全

スマートアシストIII(イメージ)
  • スマートアシストIII(イメージ)
  • スマートアシストIII ステレオカメラ
ダイハツは、衝突回避支援システム「スマートアシスト」搭載車両の累計販売台数が2017年11月末時点で150万台を達成したと発表した。

スマートアシストは、2012年12月にマイナーチェンジした軽トールワゴン『ムーヴ』に初搭載。軽自動車で初めて、衝突回避支援ブレーキなどの先進デバイスを購入しやすい価格で採用した。2015年4月には、従来のレーザーレーダーに加え、単眼カメラを搭載した「スマートアシストII」へ進化。さらに2016年11月には、世界最小の小型ステレオカメラを搭載し、衝突回避支援ブレーキ機能が歩行者にも対応する「スマートアシストIII」へと進化した。

スマートアシスト搭載車両の販売台数は、2015年3月に60万台を、2016年7月末に100万台を達成。今回、初搭載から約5年で販売台数150万台を達成した。現在は、軽自動車9車種、小型乗用車2車種、計11車種にスマートアシストを搭載。搭載比率は約8~9割となっている。ダイハツでは今後も乗用車だけでなく、商用車へも拡大させていく計画だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集