ICカードでシームレスに新幹線へ…JR東日本の「タッチでGo!新幹線」2018年4月から始まる

鉄道 企業動向

JR東日本は12月5日、交通系ICカード乗車券でシームレスに新幹線を利用できる「タッチでGo!新幹線」を、2018年4月1日から開始すると発表した。

SuicaやPASMOなど、全国で相互利用ができる10種類の交通系ICカード乗車券のチャージ金額で、JR東日本の新幹線普通車自由席を利用できる新幹線専用商品。

対象区間は東京~那須塩原・上毛高原・安中榛名間だが、大宮駅(さいたま市大宮区)で東北新幹線と上越新幹線を乗り継ぐ場合と、高崎駅(群馬県高崎市)で上越新幹線と北陸新幹線を乗り継ぐ場合は利用できない。

必要なチャージ金額は、所定の運賃と自由席特急料金の合算額となるが、サービス開始から当分の間は、対象区間内で乗り降りする場合に限り、キャンペーン割引が適用される。この場合、東京駅~宇都宮駅間では、所定額より200円割安な4210円となる。

なお、指定席についても2019年度末を目途に同様のサービスを導入するとしている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集