高速道路110km/h引上げ「安全第一で」…小此木国家公安委員長

自動車 社会 行政

小此木八郎国家公安委員長
  • 小此木八郎国家公安委員長
高速道路の最高速度110km/h引上げが、静岡県内の新東名高速では試行から1か月、岩手県内の東北道では12月1日から始まった。小此木八郎国家公安委員長は、この試行について同日の会見で次のように見通しを語った。

「安全第一なんです。こんなところで事故が多くなってしまえば、(110km/hへの引き上げ)は許されない」

110k/h最高速度は決定ではなく、年間を通じて実施される試行運用。交通量の変化や気候変動の影響を考慮して、引上げが適切であるかどうかを判断する。

「1年通して。季節も変わるし、交通量も変わる中で、いろんな状況も含めて試行される。その中でいろんな結論が出てくる」(小此木氏)と、先行きの見通しは運転者の心構え次第といったところだが、最高速度の引き上げには前向きだ。

「試行期間の状況をみなさんに公表しながら、理解をいただくことを丁寧にやっていくことをやれば、進めていくべき話だと思う」

静岡県警は試行1か月の状況を5日に公表した。

安全が確保されることが前提に、最高速度の引き上げは、移動の経済的な効果も見込まれている。「滞りのない交通というのはいいと思う。進むのも、事故がないことも含めて、いいことだと思う」。

高速道路開通から半世紀、2か所で始まった初めて最高速度引き上げは、全国に拡大するのか。それとも試行で終わるのか。利用者の運転が、まさに行方を決める。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集