スバルの世界生産、10月度新記録の9万7121台で4か月ぶりプラス

自動車 ビジネス 企業動向
スバル・インプレッサ
  • スバル・インプレッサ
  • 生産ラインの様子(アウトバック)
SUBARU(スバル)は11月29日、10月の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表。世界生産台数は前年同月比2.6%増の9万7121台、10月度新記録で4か月ぶりのプラスとなった。

国内生産は同2.1%増の6万4295台で2か月ぶりのプラス。新型『XV』が国内および北米や豪州向けで好調で、北米向け『インプレッサ』生産を米国に移管したこと等による減少をカバーした。海外生産も同3.6%増の3万2826台、10月度新記録で4か月ぶりのプラス。2016年11月に北米向けインプレッサを生産開始したことが寄与した。

国内販売は同14.5%増の1万3175台で、13か月連続のプラス。登録車はインプレッサやXVが好調で同21.0%増の1万1191台、10月度新記録で10か月連続のプラス。軽自動車は『ステラ』の減少などにより、同12.1%減の1984台で4か月連続のマイナスとなった。

輸出は同14.8%減の4万9102台と2か月連続のマイナス。北米、欧州向けを中心に減少した。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース