VW コンフォート up!、リヤビューカメラをシリーズ初採用…限定300台

自動車 ニューモデル 新型車
VW コンフォート up!ホワイトシルバーメタリック
  • VW コンフォート up!ホワイトシルバーメタリック
  • VW コンフォート up!ホワイトシルバーメタリック
  • VW コンフォート up!ティールブルー
  • VW コンフォート up!ホワイトシルバーメタリック
  • VW コンフォート up!ティールブルー
  • VW コンフォート up!フォグランプ(フロント)
  • VW コンフォート up!ドアミラー
  • VW コンフォート up!デコレーションフィルム
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、快適性能や安全性能を高めた限定車「コンフォート up!」を設定し、11月28日より販売を開始した。

コンフォート up!は、シリーズ初のリヤビューカメラを採用。障害物を検知して駐車をサポートする「パークディスタンスコントロール」や「オプティカルパーキングシステム」と相まって、後退時の駐車が容易になり、安全性を高めた。快適性能では、運転席や助手席にシートヒーターを採用。寒い季節でも快適にドライブを楽しめる。

また、デコレーションフィルムやカラードアミラーなどの専用エクステリアや、白を基調に統一した明るいインテリアがポップでスタイリッシュな印象を付与。さらに通常オプション設定のインフォテイメントパッケージ(インフォテイメントシステム Composition Phone+スマートフォンホルダー)を標準設定とし、利便性も高めている。

ボディカラーはティールブルーと新色ホワイトシルバーメタリックの2色設定。価格は188万2000円で、各色150台限定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集