ホンダ ジョルノ 新色追加---新排ガス規制にも対応

モーターサイクル 新型車
ホンダ ジョルノ(プコブルー)
  • ホンダ ジョルノ(プコブルー)
  • ホンダ ジョルノ(プコブルー)
  • ホンダ ジョルノ(パールソフトベージュ)
  • ホンダ ジョルノ(パールソフトベージュ)
  • ホンダ ジョルノ(ポセイドンブラックメタリック)
  • ホンダ ジョルノ(パールマーメイドブルー)
  • ホンダ ジョルノ(パールジャスミンホワイト)
  • ホンダ ジョルノ(パールジャスミンホワイト)
ホンダは、50cc原付スクーター『ジョルノ』を平成28年排出ガス規制に対応させるとともにカラーバリエーションを変更し、11月14日に発売する。

ジョルノは、イタリアンテイスト漂うファッションスクーターとして1992年に登場。以来、おしゃれで愛らしいスタイルと、取り回しやすい車体サイズで多くの支持を集めた。

3代目となる現行モデルでは、優れた環境性能と力強い出力特性を発揮する水冷4ストロークOHC単気筒エンジン「eSP」を搭載。また、ヘルメットや小物を収納できるラゲッジボックスや、グローブボックス内にスマートフォンなどを充電できるアクセサリーソケットを装備する。

今回、平成28年排出ガス規制に対応するとともに、カラーバリエーションを充実。新色プコブルーとパールソフトベージュを追加し、継続色の5色を加えた全7色の設定とした。

価格は19万4400円、くまモンバージョンは20万3040円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集