トヨタ C-HR、LEDヘッドランプの特別仕様車を発売…流れるウインカーも装備

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ C-HR S LEDエディション(ブラック×センシュアルレッドマイカ)
  • トヨタ C-HR S LEDエディション(ブラック×センシュアルレッドマイカ)
  • トヨタ C-HR S LEDエディション(ブラック×メタルストリームメタリック)
トヨタ自動車は、コンパクトSUV『C-HR』に特別仕様車「LEDエディション」を設定し、11月2日より販売を開始した。

LEDエディションは、クリアランスランプやターンランプ、デイライトを含むすべての光源をLED化したオートレベリング機能付大型ヘッドランプを特別装備する。ターンランプは車両内側から外側に流れるように点灯するシーケンシャルタイプとし、先進的なイメージを付与。さらにリヤコンビネーションランプもLED化したほか、アウトサイドドアハンドルにメッキ加飾を施すなど、デザインに磨きをかけた特別仕様車としている。

ボディカラーは、ブラック×センシュアルレッドマイカを含むツートーン4色、メタルストリームメタリックを含むモノトーン4色の全8色を設定。価格は254万0400円から292万9200円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集