スバル、登録車販売28.5%増の6万8647台で新記録達成 2017年度上半期

自動車 ビジネス 企業動向

スバル・インプレッサ新型
  • スバル・インプレッサ新型
  • スバルWRX新型
SUBARU(スバル)は10月30日、9月および2017年度上半期(4~9月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表した。

●国内販売、12か月連続プラス 9月

9月の世界生産台数は前年同月比2.9%減の9万2309台と、3か月連続のマイナスとなった。国内生産は同3.4%減の6万2404台で2か月ぶりのマイナス。国内向け『レヴォーグ』などが増加したが、北米向け『インプレッサ』生産を米国に移管したこと等により微減となった。海外生産も同1.9%減の2万9905台で3か月連続のマイナス。2016年7月からの増産の結果、米国での『アウトバック』の在庫不足が落ち着いてきたこと等により、若干の減少となった。

国内販売は同13.5%増の1万6475台で、12か月連続のプラス。登録車はXVやレヴォーグ、『WRX S4』など新型車が好調で同19.0%増の1万3266台と9か月連続のプラス。軽自動車は『ステラ』の減少などにより、同4.7%減の3209台で3か月連続のマイナスとなった。

輸出は同5.9%減の4万8804台と2か月ぶりのマイナス。北米、欧州向けを中心に減少した。

●インプレッサ生産移管で輸出が6年ぶりのマイナス 2017年度上半期

2017年度上半期の世界生産は前年同期比4.5%増の52万5099台と、6年連続で上半期過去最高の台数を更新した。

国内生産は北米向けインプレッサ生産を米国に移管したことなどにより、同2.4%減の34万6153台で6年ぶりのマイナスとなったが、海外生産は2016年11月からのインプレッサの生産開始が寄与し、同21.2%増の17万8946台。上半期過去最高記録の大幅増で4年連続のプラスとなった。

国内販売は、同21.3%増の8万4457台で2年連続のプラスだった。軽自動車は同2.5%減の1万5810台だったが、登録車はXVやレヴォーグ、WRX S4が好調で、同28.5%増の6万8647台。年度上半期新記録を達成した。

輸出は北米向けインプレッサの生産を米国に移管したことなどから、同5.7%減の27万1302台と、6年ぶりの前年割れとなった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集