【スズキ RM-Z450】これが必勝電子デパイス…ホールショットでレースを有利に

モーターサイクル 新型車

スズキ RM-Z450(2018年モデル)
  • スズキ RM-Z450(2018年モデル)
  • スズキ RM-Z450(2018年モデル)
  • スズキ RM-Z450(2018年モデル)
  • スズキ RM-Z450(2018年モデル)
  • スズキ RM-Z450(2018年モデル)
  • スズキ RM-Z450(2018年モデル)
  • スズキ RM-Z450(2018年モデル)
  • スズキ RM-Z450(2018年モデル)
ゲートが降りると同時にクラッチをミートさせ、アクセルをワイドオープン。第1コーナーを目がけ、強烈なダッシュで突き進む。新型『RM-Z450』はスタートがキマる!

横一線で一斉にスタートするモトクロス。ライバルより素早くスターティングゲートから出て、鋭く加速することができればレースを有利に進められるのは間違いない。

『RM-Z450』が搭載する「スズキホールショットアシストコントロール=SUZUKI Holeshot Assist Control(S-HAC)」は、車体が動き出す瞬間の点火タイミングを最適化する電子デパイス。タイヤの空転を軽減することで、スムーズかつ安定したスタートダッシュをもたらす。

スズキのエンジニア陣に囲まれつつ、モトクロスコースで実際に試してみた。

スターティンググリットに入ると、ハンドルバー左側に備わるモードセレクトスイッチで、AかBいずれかのモードを選んでセットする。

Aモードは硬い路面、あるいは滑りやすい路面のとき。Bモードはトラクションの良好な一般的なダートのときに設定すればいい。スイッチ操作しなければ「S-HAC」はOFFで、電子制御の介入はない。

Aモードでスタートしてみると、駆動輪であるリヤタイヤがしっかりトラクションし、スムーズに発進できる。アクセル開け始めのところがマイルドになって、低い姿勢のままジワーッと車体が確実に前へ出て行くのだ。

Bモードにすると、スロットルレスポンスが鋭くなり、ドーンと車体が押し出されていく。ヒット感があって、この日の路面コンディションならBモードが好み。ただし実際には、どちらがより早く第1コーナーへ到達するのかは分からない。

「S-HAC」をOFFにすると、同じようにアクセルを開けるのは難しい。トラクションが希薄でサスペンションが入っていかず、車体がドタバタ暴れ、アクセルを開けたり閉めたりを繰り返し、加速が一発で決まらない。

「S-HAC」は以下のいずれかがあったときにシステムが解除され、通常の点火マップに戻る。

1. 発進してから6秒後
2. 5速へシフトアップ
3. スロットルオフ

昨今のモトクロッサーでは、ライバル勢も同様にスタートダッシュのための電子制御を搭載するが、RM-Z450のAモードの制御は新型でアップデートされ、より実戦で使えるものとなっている。スルスルと前に出ていき「確実に速い」という感覚があるのだ。


【スズキ RM-Z450 試乗】コースが狭く感じるほどの凄まじいパワー
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集