東京モーターショー見学やフライトの前に、温泉で朝風呂はいかが?

自動車 ビジネス 国内マーケット

東京モーターショー見学やフライトの前に、温泉で朝風呂はいかが?(糀谷の幸の湯)
  • 東京モーターショー見学やフライトの前に、温泉で朝風呂はいかが?(糀谷の幸の湯)
  • 糀谷の幸の湯
  • 糀谷の幸の湯
  • 糀谷の幸の湯
  • 糀谷の幸の湯
  • 糀谷の幸の湯
  • 糀谷の幸の湯
  • 糀谷の幸の湯
東京の羽田空港に早朝乗り込んで仕事やレジャーに向かうといったケースや、首都圏から地方へ午前中の便で出発というような場合に、温泉で朝風呂というのはいかがだろうか。

京浜急行空港線、糀谷駅近くの銭湯「幸の湯」(東京都大田区)は朝6時から営業する銭湯で、開店と同時に大勢の人でにぎわっている。しかも温泉が楽しめるのだから、近隣住民でなくとも興味が沸くというものだ。

大田区界隈は都内でも屈指の温泉街、温泉旅館が軒を連ねるわけではないが、銭湯などで温泉が楽しめる施設が多いのが特徴だ。ふらっと足を延ばして気軽に楽しめる温泉が楽しめ、内風呂が普通になった今は看板を下ろす銭湯も少なくない中、ファンが少なくないのがこの地域の銭湯なのだ。

アクセスで望ましいのは電車で糀谷駅から徒歩。自動車では、東京都道311号環状8号線(通称環八)を杉並世田谷方向から羽田空港方面に向かい、国道15号第一京浜国道を超えて、京浜急行の線路を超えた住宅地の中にある。

周辺にコインパーキングが充実しており、比較的安価な駐車料金で最大料金が設定されている場合が多い。さらに料金が深夜料金と昼間の料金で区分されている場合もあり、こういうところを利用すれば、午前8時頃まで夜間の料金が適用され、駐車料金はせいぜい100円から200円程で済む場合もある。

この辺りにクルマを置いてパークアンドライドというのも。さっぱりしてから都内へは糀谷駅から電車で。羽田空港へも電車ですぐだ。

温泉も、この地域だから真っ黒な温泉だろうと思うと、透明度の高いナトリウム・カルシウム・マグネシウム―塩化物冷鉱泉を沸かしたお湯で、ユニーク。体をしっかりと目覚めさせ、朝風呂にもぴったりだ。銭湯ファン、温泉愛好家が必ずと言ってよい程、一番風呂を楽しみに開店を待っている光景が観られる。

銭湯なので入浴料は460円。タオルのみならず、石鹸・シャンプー・剃刀・歯ブラシがタオルをセットになった「手ぶらセット」も200円だ。営業時間については、11時から14時まで一度閉店するので注意が必要だ。定休日は月曜日。

ここから産業道路経由で環七を利用すると、来週末から東京モーターショーの開催される東京ビッグサイトをはじめ、お台場が近い。さらには東京ゲートブリッジを経由して東京ディズニーリゾート方面にもそれほど時間のかからない場所だ。6時の開店と同時にさっと温泉で暖まって、ビジネス、レジャー問わず、幸の湯から充実の一日をスタートさせるのはどうだろうか。
《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

特集