【リコール】ジープ ラングラー など1万6000台、エアバッグが開かないおそれ

自動車 テクノロジー 安全

改善箇所
  • 改善箇所
FCAジャパンは10月20日、ジープ『ラングラー アンリミテッド』などのステアリングコラムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはジープ「ラングラー アンリミテッド」「ラングラー」の延べ4車種で、2006年12月2日~2016年8月16日に輸入された1万6198台。

ステアリングコラムの設計が不適切なため、砂塵等がステアリングコラム内に侵入することがある。そのため、ハンドル操作時にステアリングコラム内の配線が砂塵等と接触して断線し、エアバッグ警告灯が点灯して、最悪の場合、衝突時に運転者席側のエアバッグが展開しない、また警音器を操作しても警音器が作動しないおそれがある。

改善措置として、全車両、ステアリングコラムカバー等の関連部品を対策品に交換する。

不具合および事故は起きていない。本国メーカーからの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集