レンジローバーに史上最強モデル、SV オートバイオグラフィー ダイナミック…565ps

自動車 ニューモデル 新型車

レンジローバー SV オートバイオグラフィー ダイナミック
  • レンジローバー SV オートバイオグラフィー ダイナミック
  • レンジローバー SV オートバイオグラフィー ダイナミック
  • レンジローバー SV オートバイオグラフィー ダイナミック
  • レンジローバー SV オートバイオグラフィー ダイナミック
  • レンジローバー SV オートバイオグラフィー ダイナミック
  • レンジローバー SV オートバイオグラフィー ダイナミック
  • レンジローバー SV オートバイオグラフィー ダイナミック
ランドローバーは10月11日、改良新型『レンジローバー』に「SVオートバイオグラフィー ダイナミック」を設定すると発表した。

同車は、レンジローバーのラインアップの頂点に立つ高性能グレード。その特徴は、ジャガー・ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)がチューニングした5.0リットルV型8気筒ガソリンスーパーチャージャーエンジン。最大出力は565ps、最大トルクは71.4kgmを発生する。

歴代レンジローバーで、最もパワフルなエンジンを得たSVオートバイオグラフィー ダイナミック。0~96km/h加速は5.1秒と、SUV屈指のパフォーマンスを発揮する。

外観は、グラファイトアトラス仕上げのフロントグリルや、リアバンパー内蔵のメタルテールパイプフィニッシャー、22インチホイールなどを専用装備。サスペンションは専用チューンされており、車高は標準モデルよりも8mm低い。ボディカラーには、SVO専用のフィレンツェレッドを用意。室内には、専用のセミアニリンレザーシートが採用されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集