【東京モーターショー2017】ジェイテクト、自動運転対応技術をVRなどで紹介予定

自動車 ニューモデル モーターショー

ブースイメージ
  • ブースイメージ
  • Future Concept Vehicle
  • JGOGGLE2
  • 自動運転VR体験イメージ
  • LEXUS LC500 カットモデル
  • 車両走行シーン
  • JGOGGLE2
  • 説明会の様子
ジェイテクトは、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に出展し、各種自動運転対応技術を車両モジュールやVR体験で紹介する。

ジェイテクトブースでは、将来技術として開発を進めているステアバイワイヤーやインホイールモーターの協調技術を車両モジュール「フューチャー コンセプト ビークル」を用いて展示する。ステアリング操作を電気信号で伝えるステアバイワイヤーと、ホイールに駆動用モーターを内蔵するインホイールモーターが協調することで実現できる、より安全で快適なドライブを紹介。また、自動運転化を見越したハンドル格納機能「リトラクタブル コラム モジュール」も展示する。

また、前回の東京MSでも用いた360度映像のヴァーチャルリアリティコンテンツの第2弾「JGOGGLE2」を公開する。JGOGGLE2では、路面状況や車両姿勢などに応じて適切に車両をコントロールする「高精度舵角制御」や、ハンドルを掴んでいるかを検知する「ハンズオンディティクション」、運転意志を検知して自動走行から手動走行へシームレスに移行する「操舵権限移譲技術」など、同社が開発を進める自動運転対応技術を、「ジェイテクト伊賀試験場」での360度実車走行映像で紹介。また、子どもも楽しめるVRコンテンツ「JGOGGLE for Kids」も用意する。

さらに、新型電動パワーステアリングシステム「RP-EPS」をはじめ、ハブユニットやTORSENなど、同社製品を搭載するレクサス「LC500のカットモデルを展示するほか、補助電源付RP-EPSやバス・トラック用EPS、低トルク軸受「LFT シリーズ」など、環境・安全・快適を支えるジェイテクトの各種製品群を展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集