【東京モーターショー2017】トヨタ紡織、未来のモビリティーに向けた新たな移動空間を提案へ

自動車 ニューモデル モーターショー

コンセプト未来モックVODY
  • コンセプト未来モックVODY
トヨタ紡織は、10月25日から11月5日まで、東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)される「第45回東京モーターショー2017」に、「QUALITY OF TIME AND SPACE」をコンセプトとして出展する。

「QUALITY OF TIME AND SPACE」は、モビリティー環境が大きく変革する中で、トヨタ紡織が目指すモビリティーの快適価値「より豊かで上質な時空間」を表す言葉。同社ブースでは、未来のモビリティー社会をより快適に過ごすことのできる新しい移動空間を「コンセプト未来モック」として提案する。

「VODY」は人とクルマが繋がることで、人に寄り添い進化する移動空間。人の体型や気分に応じてシート形状や空間がドライブモード、リラックスモード、瞑想モードに変化する。

また「MOOX」は完全自動運転を想定し、自由自在なシートレイアウトで移動や駐車時間を多様な用途に使える個室空間。カラーセラピーやアロマ、音楽や健康促進で心と体をメンテナンスする。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集