新型3両目は「棚田」イメージ…一畑電車、10月14日から運行

鉄道 企業動向

10月14日から営業運用に入る7003号。棚田をイメージしたデザインでまとめられた。
  • 10月14日から営業運用に入る7003号。棚田をイメージしたデザインでまとめられた。
一畑電車は10月14日から、7000系電車7003号の営業運転を始める。7003号に乗車した人にお米などをプレゼントするキャンペーンも行う。

7000系は2016年に一畑電車が導入した新型車両。4両の導入が計画され、2016年度は7001号と7002号の2両が導入された。本年度は残り2両の導入が計画されている。車体のデザインは「出雲の風景」をテーマとして1両ごとに変えており、今回導入される7003号は棚田をイメージしたデザインでまとめられた。

7003号最初の営業列車は10月14日、松江しんじ湖温泉8時28分発の列車の予定。乗客には先着50人に松江の銘茶(ティーバッグ9包)やブランド米「たたら焔米」(2合)などをプレゼントする。「たたら焔米」は電鉄出雲市9時56分発の列車でも先着50人に配る。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集