自動車スタートアップコンペ、自動運転やコネクトなど10社を選出…オートモビリティLA

自動車 ビジネス 海外マーケット

オートモビリティLAの公式サイト
  • オートモビリティLAの公式サイト
ロサンゼルスモーターショーの主催団体は10月5日、今秋のオートモビリティLAで開催される「2017年自動車スタートアップコンペティション」のファイナリスト10企業を発表した。

オートモビリティLAは、ロサンゼルスモーターショーのコネクテッドカーエキスポとプレス&トレードデーを統合したもの。自動車業界とテクノロジー業界が、新製品や新技術を発表し、輸送の将来を取り巻く問題について議論する。

2017年自動車スタートアップコンペティションは、スタートアップ企業を支援するのが目的。選ばれたトップ3企業に対しては、マイクロソフト、エヌビディア、ポルシェなどの企業が、そのアイデアの実用化を支援していく。

今回発表されたファイナリスト10企業は、自動運転、コネクテッドカー、カーシェア、非接触型ハンドコントロールドデバイス、電動オートバイ、分析ソフトウェアなどのスタートアップ。

中でも、自動運転関連では、自動運転車両やコンピュータビジョン、自然言語のモデルを構築する訓練データを提供するMighty AI社、ADAS(先進運転支援システム)レーダーのプロバイダーで、相互干渉に対する耐性と車両障害物の警告レーダーという2つの技術を持つGhostWave社、自動運転車両の大量生産を可能にするLiDARリモートセンシングソリューションを手がけるInnoviz Technologies社の3社が選出。コネクテッドカー関連では、コネクテッドカー向けのホログラム拡張現実技術を開発しているWayRay社が選ばれている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集