銀座線と日比谷線の新型車が「Bトレ」に…東京メトロ、10月7日に先行販売

鉄道 企業動向

日比谷線13000系のBトレ。10月7日の先行販売を経て14日から発売される。
  • 日比谷線13000系のBトレ。10月7日の先行販売を経て14日から発売される。
  • 銀座線1000系のBトレは特別仕様車をモチーフにしている。
  • Bトレのモチーフになった13000系。
  • Bトレのモチーフになった1000系特別仕様車。
東京地下鉄(東京メトロ)とメトロコマースは10月14日、銀座線と日比谷線に導入した新型車両の模型を「Bトレインショーティー(Bトレ)」として発売する。10月7日には先行販売も行われる。

Bトレはバンダイの鉄道模型車両シリーズ。縮尺は日本のNゲージと同じ150分の1だが、本来の長さより60mm程度短くしているのが特徴だ。各パーツは着色済みで、接着剤を使うことなく組み立てることができる。

東京メトロが今回するのは、銀座線に導入された1000系電車と、日比谷線に導入された13000系電車のBトレ。このうち1000系は車内外をレトロ調にデザインした特別仕様車をモチーフにした。いずれも先頭車と中間車の2両セットで、発売額は各2300円になる。

10月14日から東京メトロの定期券発売所などで販売されるが、10月7日に日比谷公園(東京都千代田区)で開催される鉄道イベント「第24回鉄道フェスティバル」などでも先行販売が行われる予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集