N-BOX 初のトップ、軽自動車復調を牽引…新車販売総合 2017年度上半期

自動車 ビジネス 国内マーケット

ホンダN-BOX
  • ホンダN-BOX
  • 日産ノート
日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は10月5日、9月および2017年度上半期(4-9月)の車名別新車販売台数(速報)を発表した。

●N-BOX、2か月ぶりの首位 9月

9月は、初のフルモデルチェンジを受けた、ホンダ『N-BOX』が前年同月比32.2%増の2万6983台で、2か月ぶりのトップとなった。2位は登録車トップの日産『ノート』で同178.5%増の1万5469台、3位は同じく日産の軽自動車『デイズ』が同38.5%増の1万5153台でランクインした。

前月はN-BOXが4位、ノートが5位、デイズが6位。それぞれ3つ順位を上げた結果となった。

9月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。
1位:N-BOX(ホンダ)2万6983台(32.2%増)
2位:ノート(日産)1万5469台(178.5%増)
3位:デイズ(日産)1万5153台(38.5%増)
4位:プリウス(トヨタ)1万3275台(33.8%減)
5位:アクア(トヨタ)1万2896台(16.8%減)
6位:ムーヴ(ダイハツ)1万2771台(11.0%増)
7位:ワゴンR(スズキ)1万1920台(86.9%増)
8位:タント(ダイハツ)1万1636台(3.3%減)
9位:フリード(ホンダ)1万0808台(211.8%増)
10位:スペーシア(スズキ)9573台(14.0%増)

●N-BOX 初のトップ 2017年度上半期

2017年度上半期は、ホンダ『N-BOX』が前年同期比10.6%増の9万4601台を販売し、年度上半期としては初の、軽自動車としてはダイハツ『タント』以来、3年ぶりのトップとなった。

前年トップのトヨタ『プリウス』は、同42.4%減の7万8707台と振るわず、2位転落。新パワートレーン「e-パワー」が好評の日産『ノート』は、同68.5%増の6万8441台と大きく数字を伸ばし、3位にランクインした。また、前年はトップ10の中に3台のみだった軽自動車は今年は6台に増えた。

2017年度上半期の新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年度同期比)。

1位:N-BOX(ホンダ)9万4601台(10.6%増)
2位:プリウス(トヨタ)7万8707台(42.4%減)
3位:ノート(日産)6万8441台(68.5%増)
4位:デイズ(日産)6万7262台(138.7%増)
5位:ムーヴ(ダイハツ)6万7021台(68.6%増)
6位:タント(ダイハツ)6万5225台(7.0%減)
7位:アクア(トヨタ)6万2537台(23.6%減)
8位:C-HR(トヨタ)6万0627台
9位:ワゴンR(スズキ)5万8981台(60.4%増)
10位:ミラ(ダイハツ)5万5506台(64.9%増)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集