マツダ アテンザ、米国で「2017.5」年型…最新コネクトと先進運転支援を採用

自動車 ニューモデル 新型車

マツダ アテンザの「2017.5」年型
  • マツダ アテンザの「2017.5」年型
マツダの米国法人、北米マツダは10月2日、米国向けのマツダ『6』(日本名:『アテンザ』)に、「2017.5」年モデルを設定すると発表した。

2017.5とは、2017年モデルと2018年モデルの中間を意味する。最新の車載コネクティビティと先進運転支援システム(ADAS)を採用しているのが特徴だ。

車載コネクティビティでは、「マツダコネクト」の最新版を導入。7インチのインフォテインメントシステムは、スマートフォンやオーディオのブルートゥース接続が可能に。新しいスイッチを採用して、操作性も引き上げられた。

先進運転支援システム(ADAS)では、全車にブラインドスポットモニタリングとリアクロストラフィックアラートを標準化。中級グレード以上には、自動ブレーキの「スマートシティブレーキサポート」とオートヘッドライトを標準装備。さらに、最上級グレードには、レーダークルーズコントロール、レーンキープアシスト、ハイビームコントロール、スマートブレーキサポートなどが標準採用された。

パワートレインは、直列4気筒ガソリン「SKYACTIV-G」の2.5リットル。トランスミッションは、6速MT「SKYACTIV-MT」と、6速AT 「SKYACTIV-DRIVE」を用意している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集