東芝デバイス&ストレージ、車載半導体事業の強化に向けて専門組織を新設

自動車 ビジネス 企業動向

東芝 (c) Getty Images
  • 東芝 (c) Getty Images
東芝デバイス&ストレージは、注力領域の一つである車載半導体事業の拡大に向け、事業部横断の戦略立案を担う「車載戦略部」を10月1日付で設置した。同部を中心に車載半導体のマーケティング機能を強化し、同事業の売上高を2020年度に2016年度比で1.5倍を目指す。

「車載戦略部」は、従来各事業部が個別に行っていた車載半導体に関する商品企画や技術ロードマップの策定、顧客への提案を事業部横断で実行する社長直下の新組織。事業部連携を強化し、全社として顧客対応を行うことで、車載システム全体でのソリューションを提案していく。

中国などを中心とした自動車生産台数の増加に伴って世界の車載半導体の市場規模は今後5年間で約3兆8000億円から約5兆円に拡大する見通し。特に自動車の運転支援や電動化に関わる分野は継続した成長が予想されている。

同社は、画像認識LSI「Visconti」シリーズや、アナログIC、パワー半導体などの強みを活かした製品ラインアップを通じて安全性能向上や自動車の環境負荷低減のニーズに対応していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集