【リコール】日野 レンジャー、変速機不具合で走行不能となるおそれ

自動車 テクノロジー 安全
日野レンジャー(参考画像)
  • 日野レンジャー(参考画像)
  • 改善箇所
日野自動車は9月27日、中型トラック『日野レンジャー』の自動変速機に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2003年2月3日~2017年2月1日に製造された2575台。

自動変速機において、アウトプットフランジの端面の硬度が不足しているため、走行時のエンジン共振によりフランジ端面が摩耗し、フランジ締め付けボルトが緩むことがある。そのため、自動変速機から異音やオイル漏れが発生し、最悪の場合、当該ボルトが折損してプロペラシャフトが脱落し、走行できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、アウトプットフランジを対策品に交換するとともに、当該ボルトを適正トルクで締め付ける。併せて、一部車両はエンジン制御プログラムまたはエンジン制御、自動変速機制御プログラムを変更する。

不具合は7件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発覚した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集