神戸製鋼とUSスチール、北米で超ハイテンの生産能力増強…自動車軽量化ニーズ

自動車 ビジネス 海外マーケット
プロテック
  • プロテック
神戸製鋼所は、米国のUSスチールとの北米での自動車用ハイテン鋼板製造合弁企業であるPRO-TECコーティングの生産能力を増強すると発表した。

プロテックに新たに連続溶融亜鉛めっき設備(CGL)を1基増設して自動車用溶融亜鉛めっき超ハイテンの生産能力を増強する。生産能力は現在の年間150万ショートトンから200万ショートトンとなる。新しい設備は2019年7月の営業運転開始を目指す。

米国の燃費規制強化に伴って自動車車体の軽量化ニーズが高まり、ボデー骨格部品に用いられるめっきハイテンの需要も今後拡大していく見通し。自動車用ハイテンは、高強度化と同時に適用部品の拡大を可能にする高加工性のニーズも高まっており、それらのニーズに対応する新商品を製造するため、今回新たにCGLの増設を決定した。

新ラインは、プロテックで3基目のCGLとなる。最新鋭の熱処理・冷却機能を持ち、強度と加工性を兼ね備えた高加工性超ハイテン(780MPa以上)を製造できる。これにより、溶融亜鉛めっきでも高加工性超ハイテンの生産が北米で可能となる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集