本田賞、松波弘之博士に決定…SiCパワーデバイスを実用化

自動車 ビジネス 企業動向
京都大学 名誉教授 松波弘之博士
  • 京都大学 名誉教授 松波弘之博士
本田財団は9月25日、2017年の本田賞として、「シリコンカーバイド(SiC)パワーデバイス」の先駆的研究と実用化への貢献を果たしたとして、京都大学 名誉教授 松波弘之博士に授与すると発表した。

本田賞は1980年に創設された科学技術分野における日本初の国際賞。人間環境と自然環境を調和させるエコテクノロジーを実現させた功績に対し、毎年1件の表彰を行っている。

松波博士は、電力制御に用いる半導体素子「パワーデバイス」に、高効率な電力制御を実現する素材「シリコンカーバイド(SiC)」を用いる研究を、世界に先駆けて取り組んできた。この研究を通じて実用化されたSiCパワーデバイスは、電力の供給における制御過程で発生する電力損失の削減に寄与するものだとし、今回の授賞に至った。

第38回本田賞授与式は、11月17日に東京・帝国ホテルで開催され、副賞として1000万円が松波博士に贈呈される。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集