米日産 アルティマ 2018年型、コネクトと先進運転支援が充実…日本の ティアナ は?

自動車 ニューモデル 新型車
日産 アルティマ(ティアナ)2018年型
  • 日産 アルティマ(ティアナ)2018年型
  • 日産 アルティマ(ティアナ)2018年型
  • 日産 アルティマ(ティアナ)2018年型
  • 日産 アルティマ(ティアナ)2018年型
  • 日産 アルティマ(ティアナ)2018年型
  • 日産 アルティマ(ティアナ)2018年型
日産自動車の米国法人、北米日産は9月25日、『アルティマ』(日本名:『ティアナ』)の2018年モデルを発表した。

現行アルティマは2012年8月、米国市場に投入。日産の米国市場における主力ミドルセダンが、アルティマ。日本市場には、ティアナとして導入されている。

今回、米国で発表された2018年モデルでは、車載コネクティビティとADAS(先進運転支援システム)を充実させているのが特徴。

車載コネクティビティでは、日産コネクト付きのナビゲーションシステムが、アップル社の「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」に対応。日産コネクトは専用の通信ユニットや対応スマートフォンなどを使って情報センターに接続することで、ドライブをより快適にするための情報を提供する。

先進運転支援システムでは、自動ブレーキをはじめ、前面衝突警告、レーダーを使ったブラインドスポットウォーニング、インテリジェントクルーズコントロール、リアクロストラフィックアラートなどを導入している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集