西武40000系がキッズデザイン賞の最優秀賞を受賞…鉄道車両初、「子供目線」の設備を評価

鉄道 企業動向
西武の有料座席指定列車「S-TRAIN」に運用されている西武40000系。クロスシートとロングシートの双方に転換できるデュアルシートが目立つが、子供や子供連れの家族に配慮した各種設備が、キッズデザイン賞の最優秀賞に輝く要因となった。
  • 西武の有料座席指定列車「S-TRAIN」に運用されている西武40000系。クロスシートとロングシートの双方に転換できるデュアルシートが目立つが、子供や子供連れの家族に配慮した各種設備が、キッズデザイン賞の最優秀賞に輝く要因となった。
  • 大きな評価を得た10号車のパートナーゾーン。子供が車窓を楽しめるように低くした窓や、子供・大人両方に配慮した手すりなど、斬新な設備を持つ。
西武鉄道(西武)と川崎重工業は9月25日、西武40000系が第11回キッズデザイン賞の最優秀賞である「内閣総理大臣賞」を受賞したと発表した。鉄道車両としては初の受賞となる。

キッズデザイン賞は、「次世代を担う子どもたちの健やかな成長発達につながる社会環境の創出のために、さまざまな企業・団体が業種を超えて集い合うNPO」である、キッズデザイン協議会が2006年からスタートさせた顕彰制度。

同賞は、「子どもへの配慮、子ども目線を持った良質な製品・空間・サービス・プログラム・調査研究活動などを幅広く顕彰する」というもので、子供向けの製品・サービスに留まらず、大人や一般向けに開発された「子供目線」の商品や施設、プログラム、調査研究も顕彰の対象に入る。

今回、受賞した西武40000系は、「人にやさしい、みんなと共に進む電車」をコンセプトに、今年3月25日にデビュー。車椅子やベビーカー利用者などに配慮した快適な空間である「パートナーゾーン」、おむつ交換シートを備えたトイレ、空気清浄機といった、子供や子供連れ家族に配慮した車内設備が評価された。

この受賞を記念して、遊園地のとしまえん(東京都練馬区)では、9月30日に登場する「チャレンジトレイン」(西武40000系を模したミニ電車)で、10月14日には駅ナカ・コンビニのトモニーで、受賞記念ステッカーを在庫終了まで配布するほか、9月30日から12月頃までは、「チャレンジトレイン」に受賞記念ヘッドマークを掲出する。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 西武の新型40000系、営業開始に先立ち「初運行」イベント 3月12日 画像 西武の新型40000系、営業開始に先立ち「初運行」イベント 3月12日
  • あらゆる設備が「てんこ盛り」…多種多様なシーンに対応した西武40000系 画像 あらゆる設備が「てんこ盛り」…多種多様なシーンに対応した西武40000系
  • 西武「座れる通勤電車」対応の新型40000系を公開…座席転換機能やコンセントなど 画像 西武「座れる通勤電車」対応の新型40000系を公開…座席転換機能やコンセントなど
  • 西武鉄道の新型通勤電車「40000系」完成…コンセントやトイレ設置 画像 西武鉄道の新型通勤電車「40000系」完成…コンセントやトイレ設置

特集