ポルシェ パナメーラ、スポーツツーリスモ に高性能PHV設定…680hp

エコカー EV
ポルシェ パナメーラ ターボS・Eハイブリッドスポーツツーリスモ
  • ポルシェ パナメーラ ターボS・Eハイブリッドスポーツツーリスモ
  • ポルシェ パナメーラ ターボS・Eハイブリッドスポーツツーリスモ
  • ポルシェ パナメーラ ターボS・Eハイブリッドスポーツツーリスモ
  • ポルシェ パナメーラ ターボS・Eハイブリッドスポーツツーリスモ
  • ポルシェ パナメーラ ターボS・Eハイブリッドスポーツツーリスモ
ポルシェは9月26日、『パナメーラ スポーツツーリスモ』シリーズに、最もパワフルなプラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表した。

このPHVは、『パナメーラ ターボS・Eハイブリッドスポーツツーリスモ』。シリーズの頂点に位置する高性能PHVとなる。

パナメーラ スポーツツーリスモは、『パナメーラ』のシューティングブレーク。すでにPHVグレードとして、『パナメーラ 4 Eハイブリッド スポーツツーリスモ』を用意。今回設定されるのは、さらに高性能なPHVを求める顧客に向けた新グレード。

パナメーラ ターボS・Eハイブリッド スポーツツーリスモのエンジンは、『パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ』用の4.0リットルV型8気筒ツインターボ。最大出力550hpを発生する。モーターは最大出力136hp。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、680hpのパワーと86.7kgmのトルクを引き出す。

動力性能は0~100km/h加速が3.4秒、最高速が310km/h。二次電池は、蓄電容量14.1kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大49kmをゼロエミッション走行できる。この効果もあって、欧州複合モード燃費は33.3km/リットル、CO2排出量69g/kmと、優れた環境性能を達成している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • 【フランクフルトモーターショー2017】メルセデス Sクラス、PHVにも改良新型…EVモード1.5倍 画像 【フランクフルトモーターショー2017】メルセデス Sクラス、PHVにも改良新型…EVモード1.5倍
  • 新生カルマのPHVスポーツ、レヴェーロの出荷開始…フィスカー カルマ 後継 画像 新生カルマのPHVスポーツ、レヴェーロの出荷開始…フィスカー カルマ 後継
  • ボルボ XC60 新型に「ポールスター」、ツインチャージャーPHVは421馬力に強化 画像 ボルボ XC60 新型に「ポールスター」、ツインチャージャーPHVは421馬力に強化
  • ホンダ クラリティ PHV、EVモードの航続がクラス最長…約76km 画像 ホンダ クラリティ PHV、EVモードの航続がクラス最長…約76km

特集

おすすめのニュース