新潟のE127系に「工場の祭典」のステッカー 9月21日から…燕三条駅では「現美新幹線」も展示

鉄道 エンタメ・イベント

E127系に施される「燕三条 工場の祭典」6種類のラッピング。
  • E127系に施される「燕三条 工場の祭典」6種類のラッピング。
JR東日本新潟支社は、9月21日からE127系電車に「燕三条 工場の祭典」をイメージしたステッカーを施す。

「燕三条 工場の祭典」とは、10月5~8日の4日間、金属加工業のメッカである新潟県燕三条地域とその周辺で開催されるイベントで、期間中は地域の名だたる工場が一斉に開放され、ものづくりを体感することができる。

ステッカーは、10月10日頃までE127系1編成の車体側面12ヶ所に施され、10月8日に運行される臨時列車『工場の祭典2号』では、この特別編成が使用される予定。時刻は東三条11時09分発~吉田11時28分着。

このほか、10月8日12時30分~14時には、燕三条駅に展示されるE3系「現美新幹線」の13号車で、「伝統工芸×プラレール」が披露される。

また、9月23日~10月8日には、「現美新幹線」車内のカフェや「現美新幹線」展示会場のカフェ(10月8日のみ)で、コーヒーなどを購入した人を対象に、「燕三条 工場の祭典」とコラボレーションした特別スリーブが提供される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集