ホンダ、トニー・ボウがトライアル世界選手権11連覇を達成

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
トニー・ボウとチームメンバー(チェコGP)
  • トニー・ボウとチームメンバー(チェコGP)
  • トニー・ボウの走り(チェコGP)
9月10日に開催されたトライアル世界選手権シリーズ第7戦チェコGPで、レプソル・ホンダ・チームのトニー・ボウが2位でゴールし、2017年シリーズチャンピオンを決定するとともに、前人未到の11連覇を達成した。

トニー・ボウは、2007年にHRCのワークスマシン「モンテッサ COTA 4RT」で初の世界チャンピオンを獲得して以来連覇を重ね、人工セクションを走破する屋内競技であるXトライアル世界選手権の2017年シーズンでも11年連続のチャンピオンに輝いている。

今シーズンは、第7戦チェコGP終了時点で、決勝9レース中優勝7回、2位1回、3位1回と圧倒的な強さを発揮。9月17日の最終戦イタリアGPを待たずにシリーズチャンピオンを決定した。

11連覇を達成したトニー・ボウは、「今シーズンはとてもいい戦いができ、初戦のスペインでの勝利と続く日本でのダブルウインで、ライバルのアダム・ラガ選手との差を広げられたことが大きかった。そして、米国での2連勝によってタイトルを決定的なものにすることができた。チームと関係者、そしてファンの皆さんに感謝する」とコメントしている。
《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース