横浜線の町田駅「スマートホームドア」まもなく設置完了 9月23日

鉄道 企業動向

八王子方最前部(8号車)2ドアのホームドアはバー全体が車両の停止位置にあわせ可動する特殊な仕様を採用する。
  • 八王子方最前部(8号車)2ドアのホームドアはバー全体が車両の停止位置にあわせ可動する特殊な仕様を採用する。
JR東日本横浜支社は9月23日、横浜線町田駅(東京都町田市)で試験的に進めてきた「スマートホームドア」の設置を完了させる。

スマートホームドアは、JR東日本メカトロニクスが開発した新タイプのホームドア。フレーム構造のドアを採用するなど構造の簡素化を図っており、これにより整備コストの圧縮や工期の短縮を目指している。まず2016年12月、町田駅の東神奈川方1両分だけ導入。その後も設置を順次拡大したが、八王子方の2ドアだけが未設置のまま残っていた。

この2ドアはバーを収納するスペースを確保できないことから、バー全体が車両の停止位置にあわせ可動する特殊な仕様を採用。バーが移動する部分の床面には赤文字で「おさがりください KEEP OUT」の表示を設ける。また、この表示がある部分に人がいることを検知した場合、音声で注意喚起するなどして利用者の安全性を確保する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集