【フランクフルトモーターショー2017】アヴェンタドール ロードスター、740hpの「S」に…コネクト重視

自動車 ニューモデル モーターショー
ランボルギーニ アヴェンタドール S ロードスター
  • ランボルギーニ アヴェンタドール S ロードスター
  • ランボルギーニ アヴェンタドール S ロードスター
  • ランボルギーニ アヴェンタドール S ロードスター
  • ランボルギーニ アヴェンタドール S ロードスター
  • ランボルギーニ アヴェンタドール S ロードスター
  • ランボルギーニ アヴェンタドール S ロードスター
  • ランボルギーニ アヴェンタドール S ロードスター
ランボルギーニは9月6日、『アヴェンタドール S ロードスター』の概要を明らかにした。実車は9月12日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2017で初公開される。

同車は、『アヴェンタドール ロードスター』の大幅改良モデル。フロントを中心に、外観を大幅変更。新デザインでは、フロントのダウンフォースを130%以上引き上げた。また、新しいサイドエアインテークは乱流を減少させるとともに、冷却効果を高めている。

アヴェンタドール S ロードスターには、4ホイールステアリングを採用。速度とドライビングモードに応じて、2個の電気機械式アクチュエーターが、ステアリングリアアクスルを制御する。このシステムにより、低速では、リアアクスルがフロントアクスルに対して反対の方向に向きを変え、ホイールベースがバーチャルに減少。敏捷性が向上し、優れたコーナリングパフォーマンスを実現する。高速では、2本の軸が平行して回転。これにより、ホイールベースがバーチャルに伸び、安定性を大幅に向上させる。

6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンはパワーアップ。最大出力は700hpから740hpへ、40hp強化。最大トルクも70.4kgmから75.4kgmへ、5kgm引き上げられた。トランスミッションは7速「ISR」。0~100km/h加速3.0秒、最高速350km/h以上という世界屈指の性能を発揮する。

また、アヴェンタドール S ロードスターでは、車載コネクティビティも重視。TFT(薄膜トランジスタ)を使用したデジタルダッシュボードは、ドライバーの好みに応じたカスタマイズが可能。アップルの「CarPlay」も標準装備している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集