自工会の西川会長、第3次安倍内閣に要請---自動運転や電動車開発など「未来技術への支援」を

自動車 社会 政治

日産自動車の西川社長(資料画像)
  • 日産自動車の西川社長(資料画像)
日本自動車工業会の西川廣人会長は、8月3日に発足した第3次安倍第3次改造内閣の発足について「様々な改革を更に前進させ『未来投資戦略2017』などの実行により、経済の好循環を安定、着実に拡大してもらえる」と期待する会長コメントを発表した。

また、大枠合意した日本EUの経済連携協定について「早期発効など、自由貿易の一層の推進を」要請する。

自動車業界では自動運転や電動車をはじめとする最先端技術の開発に取り組んでいることから「取り組みの加速に向け、政府としても未来技術への支援」を求めている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集