北米SUVオブザイヤー2018、第一次19車種…日本メーカーは5台

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
トヨタC-HR(北米仕様車)
  • トヨタC-HR(北米仕様車)
  • マツダCX-5
  • 新型スバル・クロストレック(XV)
  • 日産ローグスポーツ
  • 北米向けホンダ・オデッセイ新型
北米カーオブザイヤー主催団体は7月7日、「2018北米SUVオブザイヤー」の第一次ノミネート車19車種を発表した。

北米カーオブザイヤーは今回が25度目。米国とカナダ在住の約50名のジャーナリストが、この1年間に北米で発売、またはデビュー予定の新型車の中からベストな1台を選出する。

これまで、北米カーオブザイヤーは、「乗用車」と「トラックおよびユーティリティ」の2部門だった。前回からトラックとユーティリティを別部門化し、乗用車、トラック、SUVの3部門となった。

2018北米SUVオブザイヤーの第一次ノミネート車19車種は以下の通り。

アウディQ5
アルファロメオ・ジュリア
BMW X3
ビュイック・アンクレイブ
シボレー・エクイノックス
シボレー・トラバース
GMCテレーン
ホンダ・オデッセイ
ジープ・コンパス
キア・ニロ
ランドローバー・ディスカバリー
レンジローバー・ヴェラール
マツダCX-5
日産 ローグスポーツ(キャシュカイ)
スバル クロストレック(XV)
トヨタCH-R
フォルクスワーゲン・アトラス
フォルクスワーゲン・ティグアン
ボルボXC60

米国市場では、ガソリン価格の下落や景気回復により、SUVの販売が非常に好調。前回は大型SUVが多くノミネートされていたが、今回の19車種は、小中型クラスのSUVが中心となった。

日本メーカーからは、トヨタが『C-HR』、マツダが新型『CX-5』、スバルが新型『XV』、日産が新型『キャシュカイ』、ホンダが『オデッセイ』と5車種がノミネートされている。

今後は、年内にファイナリスト3台に絞り込まれ、2018年1月、デトロイトモーターショー2018において、SUVオブザイヤーが決定する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集