ヤナセ、フェラーリ認定ボディショップ東西2拠点体制を構築…コミネの全株式取得

自動車 ビジネス 国内マーケット
コミネのボディショップ
  • コミネのボディショップ
ヤナセのグループ会社であるヤナセオートシステムズは、東大阪市でフェラーリ認定ボディショップを運営するコミネの全株式を取得し、7月から事業運営を開始すると発表した。

ヤナセオートシステムズは、全国でボディショップ10工場を展開。フェラーリについては、埼玉県三郷市の「BPセンター三郷」で認定工場資格を取得し、2015年8月よりボディサービス事業を開始している。一方コミネは2006年の会社設立以来、フェラーリの修理事業を行い、東大阪市にて西日本エリアのフェラーリ認定ボディショップを運営している。

今回、コミネの事業継承の検討にあたり、今後のフェラーリ認定工場の事業成長、人材育成、さらなる品質向上、ブランド価値向上などを考慮した結果、ヤナセオートシステムズが事業を譲り受け、関東・関西の2拠点体制でフェラーリ認定工場を運営することが最適と判断し、合意に至った。

なお、事業譲渡後もコミネの会社名、代表者および人員は継承する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • フェラーリにSUVは似合わない…フェラーリ極東・中東エリア統括CEO【インタビュー】 画像 フェラーリにSUVは似合わない…フェラーリ極東・中東エリア統括CEO【インタビュー】
  • 【ホンダ フィット 改良新型】ジャンプ人気作品の原画世界をバーチャルドライブ 7月6日よりコラボイベント開催 画像 【ホンダ フィット 改良新型】ジャンプ人気作品の原画世界をバーチャルドライブ 7月6日よりコラボイベント開催
  • 先進安全装備を搭載した「サポカー」のロゴを決定 画像 先進安全装備を搭載した「サポカー」のロゴを決定
  • マクラーレンオートモーティブが経営統合、「マクラーレングループ」設立 画像 マクラーレンオートモーティブが経営統合、「マクラーレングループ」設立

特集