メルセデス CLS 次期型に直6エンジン復活…シューティングブレークは廃止か

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
  • メルセデスベンツ CLS 次期型スクープ写真
高級4ドアクーペ市場を築き上げた、メルセデスベンツ『CLS』。3代目となる次期型のプロトタイプが、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始した。

プラットフォームには、FR専用「MRA」を採用し、ホイールベースを延長、ファストバックに近いルーフラインとなる。

このプロトタイプでは擬装が以前より軽くなり、スポーティーに釣り上がるLEDヘッドライト、力強いグリル、三角から水平デザインに代わるテールライトまで確認出来る。

そしてエクステリアと共に刷新されるのがパワートレインだ。

これまでのV型6気筒に変わり、3リットル直列6気筒が復活する。ターボチャージャーと電動スーパーチャージャーが組み合わされた直6エンジンはとてもパワフルで、カメラマンによれば、ニュルの高速テストではV8以上の走りを見せたと言う。

その他、新開発2リットル直列4気筒エンジンやPHVのラインナップも期待されている。

自動運転技術では、メルセデス最新鋭「ドライブパイロット」を搭載、完全自動運転へまた一歩近づく。

ワールドプレミアは、2017年のフランクフルトモーターショーでのサプライズ発表となる可能性がある。シューティングブレークは廃止され、この4ドアクーペのみの発表となることが予想される。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集