ハコスカやケンメリなど、旧車700台が奥伊吹に集結 6月25日

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

デュアルファクトリー中部ミーティング(イメージ)
  • デュアルファクトリー中部ミーティング(イメージ)
  • デュアルファクトリー中部ミーティング(イメージ)
  • デュアルファクトリー中部ミーティング(イメージ)
デュアルファクトリーは、旧車イベント「デュアルファクトリー中部ミーティング in 奥伊吹」を6月25日に奥伊吹スキー場で初開催する。

デュアルファクトリーは、旧車愛好家のチームとして1999年に発足し、現在50数名のメンバーが在籍。今回、場所を奥伊吹スキー場に移し、2年ぶりとなる旧車ミーティングを開催する。当日は、ハコスカ、ケンメリ、ジャパン、フェアレディーZ、ブルーバード等、昭和を彩ってきた往年の名車約700台を展示。旧車の愛好家が、北は岩手、山形~南は熊本、大分まで、全国各地から自慢の愛車に乗って集まる。

イベントへの展示条件は、昭和年式の国産四輪車。専用駐車スペースにて3000円の参加料が必要となる。また一般車の入場および見学は無料。自由に往年の名車を見ることができる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集