【CESアジア2017】車載コネクト「インテリジェントキャビン」発表、自動運転への発展も…Desay SV

自動車 テクノロジー ネット

Desay SVのブース(CESアジア2017)
  • Desay SVのブース(CESアジア2017)
Desay SVは6月9日、中国上海市で開催中のCESアジア2017において、新開発の車載コネクティビティシステム、「インテリジェントキャビン」を発表した。

DESAY SVは1986年、中国に設立。車載インフォテインメントシステム、ドライバー情報表示システム、自動表示モジュール、ADAS(先進運転支援システム)などの研究、開発、生産を手がけている。DESAY SVの2016年の売り上げは、中国のカーエレクトロニクス産業で初の1位となった。

CESアジア2017で発表された「インテリジェントキャビン」は、運転情報とエンターテインメントコンテンツの提供に加えて、4台のHDカメラや77Gミリ波レーダーなどの最新のADAS機能を統合。メインインターフェースとして、デュアル12.3インチTFTスクリーンを採用している。

ADAS機能には、電子式リアビューミラー、全自動パーキング、パノラマパーキング、前方衝突警告、車線離脱警告、歩行者検知などがある。とくに、全自動パーキングは、ギアとハンドルを全自動コントロール。同社によると、ボタン操作ひとつで、簡単に駐車を確実に行えるという。

また、同社は自動運転関連のテクノロジー分野において、中国インターネット検索の最大手、百度(Baidu=バイドゥ)と戦略的提携を締結。インテリジェントキャビンを自動運転につながる技術として、発展させることを目指す。

Desay SVのGao Dapeng CEOは、「自動車産業とインターネット技術企業の融合は、これまでにない可能性を生み出す。Desay SVが集中しているのは、革新的なテクノロジーを使って、インテリジェントドライビングの広範な普及を推進すること」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集