ZMP、15億円の第三者割当増資を実施…自動運転技術を活用した旅客サービス実現へ

自動車 テクノロジー 安全

RoboCar MiniVan
  • RoboCar MiniVan
  • ZMP・ロゴ
ZMPは6月12日、合計7社を割当先とする総額15億円の第三者割当増資を実施すると発表した。

ZMPは、ADAS(先進運転支援)、自動運転技術開発用プラットフォーム「RoboCarシリース」およびセンサ・システムの開発・販売、移動体メーカ向け自動運転等の開発支援、データ収集実験代行「RoboTest」、物流支援ロロット「CarriRo」の開発・販売を展開。人が運転するあらゆる機械を自動化し、安全で楽しく便利なライフスタイルの創造を目指している。

同社では今回の第三者割当増資により、これらの事業を推進するとともに、自動運転技術を活用した旅客サービス等の実現に向けた開発を加速していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集