高速道路インターチェンジ合流部分で自動運転車に情報提供を検討…国土交通省

自動車 テクノロジー ITS

自動運転実験車「Highway Teammate」によるデモ走行
  • 自動運転実験車「Highway Teammate」によるデモ走行
国土交通省は、高速道路のインターチェンジ合流部分で道路側からの情報提供による自動運転の支援について検討する。

政府は2020年度までに高速道路での自動運転を実現する目標を掲げている。高速道路での自動運転は、自動車単独の技術による取り組みが先行している一方で、複雑な交通環境下では道路と車両の連携が必要となる。

このため、国土交通省では、インターチェンジ合流部や事故車両など、自動運転車が対応できない複雑な交通環境下、道路側からの情報提供して支援する仕組みについて2017年度から検討する。

具体的には、渋滞など、高速道路本線の状況についての情報を、道路側から情報を提供、これを受け取った自動運転車は本線への進入速度やタイミングを調整して安全に合流する。

テストコースでの走行車両への情報提供実験など、技術的な検討を道路側と車両側が連携して進めるため、国土技術政策総合研究所で官民共同研究を実施。情報提供の内容や、情報提供するフォーマットを検討し、情報提供装置の技術的な仕様を作成する。

情報提供では、自動運転車だけでなく、一般車両の安全や交通流の円滑化に活用していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集