イワシ缶詰工場をイメージした駅…JR東日本、津軽線の油川駅をリニューアル

鉄道 企業動向

油川駅に完成した新しい駅舎。イワシ缶詰工場をイメージしてデザインされた。
  • 油川駅に完成した新しい駅舎。イワシ缶詰工場をイメージしてデザインされた。
  • 新しい駅舎の内部。
JR東日本盛岡支社は5月30日、油川駅(青森市)で進めてきた駅舎のリニューアル工事が完成したと発表した。6月6日の初発から使用を開始する。

油川駅は、津軽線の青森~津軽宮田間にある駅。1951年12月に開業した。同駅がある油川地区では戦前、イタリア人のジュセップ・ファブリーがイワシの缶詰工場を建設。レンガ造りの旧事務所が今も残っている。

発表によると、駅舎は木造1階建てで、待合室とトイレを設けた。外観はイワシ缶詰工場として使われていた西洋館のイメージでデザイン。駅の正面側ではアルミルーバーを使用し、イワシを表現したという。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集