道路運送法上の許可・登録が不要な旅客輸送ルールを明確化へ

自動車 社会 行政

米国で普及が進むライドシェアサービス「Uber」
  • 米国で普及が進むライドシェアサービス「Uber」
  • Uberの画面イメージ
国土交通省は、高齢者の移動ニーズに対応するため、「互助」の観点から許可・登録を要しない輸送についての考え方を明確化する。

公共交通機関が整備されていない過疎地などで高齢者の移動ニーズに対応するためには、地域における助け合いも重要になってくる。特に介護・福祉分野でこうした「互助」の活動が期待されている。ただ、無許可でタクシー営業する「白タク」行為は道路運送法違反となる。

このため、国土交通省では、道路運送法上の許可・登録が必要ない輸送についてのルールを明確化し、関係者に周知する。同時に、輸送中の交通事故発生時、責任の所在の明示に関する考え方を明確化するとともに、新たな保険商品の開発を促進する。

また、「互助」による輸送の円滑な導入に向けて、ルールの明確化や条件整備を前提に、地域の関係者が取り組みやすいように許可・登録が不要な輸送モデルについてパンフレットなどで広く情報を提供していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集