【人とくるまのテクノロジー2017】アイシングループ、新開発10速ATはじめ意欲的な展示が多数

自動車 ニューモデル 新型車

アイシングループのブース(人とくるまのテクノロジー2017)
  • アイシングループのブース(人とくるまのテクノロジー2017)
  • アイシングループのブース(人とくるまのテクノロジー2017)
  • アイシングループのブース(人とくるまのテクノロジー2017)
  • アイシングループのブース(人とくるまのテクノロジー2017)
  • アイシングループのブース(人とくるまのテクノロジー2017)
  • アイシングループのブース(人とくるまのテクノロジー2017)
  • アイシングループのブース(人とくるまのテクノロジー2017)
  • アイシングループのブース(人とくるまのテクノロジー2017)
人とくるまのテクノロジー展2017横浜のアイシンのブース。ここではアイシングループ各社の粋を結集した展示が来場者の注目を集めた。

まず、先に発表され、すでに注目度と受注状況で話題のレクサス『LC』にも搭載される10速ATや、アイシングループ各社が得意分野を結集させて完成させたハイブリッドカー用4WDシステムなど、すでに市販化され、かなり話題にもなった様々な技術が披露された。

ダイレクトなフィーリングが好評のATユニットに関しても、デュアルクラッチギヤもかなり多くなってきている昨今、そのコンパクトさも注目を集めていた。「段数を多くしても、搭載スペースの増加がそのまま許されるわけではありません。段数と効率とのバランスを考えて、他社も様々なトランスミッションを発表していますが、我々は10速でそのベストバランスを実現させたと自負しています」と担当者は話していた。

初公開の技術としては、連続可変容量オイルポンプについても発表され注目を集めていた。潤滑の役割も果たすエンジンオイルも、適切な油量を超えてしまうと実は抵抗となり、負荷を大きくする原因にもなりうる。連続可変容量オイルポンプは、油量の調整もでき、不必要にオイルをエンジン内で廻さず、しかし必要なときにはオイル切れを起こさないように供給する。

これまでの開発段階でもすでに燃費への貢献が確認されている。エンジンの付加価値としての燃費性能への挑戦は、こうした領域での最適化も研究されているということだ。オイル交換のインターバルもどんどん長期化している昨今、オイル劣化の抑制などこの技術の期待値は多方面にわたるという。今後のさらなる進化が楽しみな技術である。

またサンルーフに生じる空力騒音予測に関する研究など、日本車をはじめ今や世界のクルマのクオリティを向上させ続け、より快適なものにさせている功労者と言ってもよい、部品のリーディングカンパニーらしい多くの研究発表を、訪問者は食い入るように見ていた。
《中込健太郎》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集