ダイムラー、メルセデス新車効果で売上・収益ともに大幅増へ…2017年見通し

自動車 ビジネス 企業動向

メルセデスベンツGLCクーペ
  • メルセデスベンツGLCクーペ
  • メルセデスベンツEクラス・オールテレーン
  • メルセデスベンツGLA改良新型
  • 新型メルセデスベンツEクラス・カブリオレ
ドイツの自動車大手、ダイムラーは5月16日、2017年通期(1~12月)の業績見通しを明らかにした。

2017年の世界新車販売については、2016年の299万8386台を大きく上回り、過去最高を見込む。これは、主力のメルセデスベンツ乗用車ブランドが、多くの新型車効果により、販売増となる可能性が高いため。

具体的には、『GLC』『GLCクーペ』をはじめ、改良新型『GLA』、新型『Eクラスクーペ』『Eクラスカブリオレ』、『Eクラスオールテレーン』などの新型車が、販売増に寄与する見通し。

また、2017年の売上高に関しては、2016年実績の1532億6100万ユーロを、大きく上回ると予想する。グループのEBIT(利払い・税引き前利益)も同様に、2016年実績に対して大幅増になると予測している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集