【SUPER GT第3戦】移動式シミュレーターでオートポリスを攻める!

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

レーシングシミュレーター
  • レーシングシミュレーター
  • レーシングシミュレーター
  • レーシングシミュレーター
  • レーシングシミュレーター
  • レーシングシミュレーター
  • レーシングシミュレーター
  • レーシングシミュレーター
  • レーシングシミュレーター
SUPER GT第3戦が5月20~21日に開催された大分県のオートポリス。イベント広場には地震復興改装後のオートポリスを再現したというレーシングシミュレーターが登場した。

シミュレーターでは改修後のコースが走れる。持ち込んだのは熊本で移動式レーシングシミュレータースタジオを運営している「フロントロウ」。トラックの荷台にシミュレーターを積み、様々なイベント会場で体験プレイを行っている。

ハイパーシミュレーターでは、オートポリスをはじめ各地のサーキットコースを走れる車両、すなわち、FIA-GT3マシンやフォーミュラーマシンなど、ほとんどのレーシングカーを網羅しているという。

プレイしてみると、アクセルワークの繊細さや、シーケンシャルシフトやパドルシフトでのギアのアップダウン、しっかり踏まないと止まらないブレーキなど、本物のレーシングカーそのもの。多くのモータスポーツファンが体験していた。
《雪岡直樹》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集